視察旅行第5日目(Day 5)

今回のロンドン アフタヌーンティー事情視察で、最高の評価をいたしましたティールームです。
ここは、英国紅茶協会のティールームに対する最高の賞であるトップ・ロンドン・アフタヌーンティー賞を
過去に3回、それ以外の賞も含めるとこれまで多くの賞を受賞して、安定した評価を得ているティールームです。
ここは、ロンドンの一等地に建ち、ハイド・パークを見渡す事ができる、 英国トップクラスのホテルです。
そして、このホテルのティーラウンジであり、トップ・オブ・アフタヌーンティに何度も選ばれているのが「 プロムナード」です。

ここは、ドーチェスターホテルのティーラウンジ「The Promenade」
です。
プロムナードとは「散歩道」とか、「遊歩道」と訳されますが、
このティールムームはまさにそのような形で、縦長の趣が
あるデザインのティールームです。
ティールームの形だけでなく、調度品や雰囲気も格調高く、
それでいて、とても心が和む雰囲気を持っていることが特徴
です。
今回は事前に予約しておきましたので、入り口から離れた
奥のほうにテーブルをとっておいて戴けました。
写真では分かりにくいかもしれませんが、まっすぐに続いて
いる様子が分かります。
こちらではシャンパンアフタヌーンティーを予約いたしました
ので、早速シャンパンが用意されました。
しかし、今回は特にビンテージ・シャンパンをお願いしてみま
した。
さあ、お味は如何でしょうか
そして、わたくし達は早速紅茶のリストを確認します。
天井はこのようなライトが付いていて、とても温かみがあります。
リッツとは対照的な雰囲気です。
わたくし達はプロムナードを道に身立てるとセンターライン部分に
位置する中央部分にテープルがあり、相互に顔を合わせにくい
ように配置されています。
一方、道路サイドになる壁側にもこのようなテーブルが用意され
ています。
そして、皆様も先ずはテーブルセッティングが気になりますよね。
アフタヌーンティーが始まる前のテーブルはこのような感じです。
さあ、いよいよわたくしが最高と称したアフタヌーンティーの始ま
りです。何が最高と称させたのでしょうか。

Day5 その2へつづく